アナタニモ チェルシー アゲタイ

c0037675_22445863.jpg
CLの2ndleg、バイエルン対チェルシーは3−2でバイエルンの勝利になりましたが、1stlegの貯金もあって結果チェルシーが準決勝進出となりました。今回のポイントは、

1.バイエルンはドログバ対策でディフェンスラインを高くしてロングボールを上げさせない作戦に出て相手の攻撃を封じる事に成功したが、肝心な自分達の攻撃での決定的なチャンスを決める事が出来なかった。(前半は特に運がなかった。逆にランパードのディフェンダーに当たったシュートがゴールした時点でチェルシーには運があった。)

2.後半のバイエルンサイドのルーズボールの処理をきちんとしなかったため、ダメ押しの2点目をチェルシーに決められてしまって、その1点が致命傷となり、その後奮起して結果バイエルンは試合には勝ったがトータルスコアで敗戦となってしまった。

まぁ大まかにいったらこの2点でしょうな。でも後半残り10分からのバイエルンの最後まで諦めない姿勢って元王者の意地みたいな感じでカッコ良かったわ〜。後半2−1になってからのチェルシーの選手は明らかに油断してましたな。おかげでいいゲームになりました。

でもチェルシーは負けないよな〜。ギャフンと言わすチームって今シーズンはたして現れるんでしょうか?ちょっぴり不安なワタシ。誰か頼むよ〜!
[PR]
by anakin30 | 2005-04-13 23:17 | 中田英寿
<< ラモスを冷やせ。 ここまでツキのないリバプールっ... >>